Ran Ran(アラフォー会社員)の脱社畜計画

アラフォーリーマンのRan Ranが、脱社畜を夢見ながら、仕事に、家庭の雑務にと奮闘する赤裸々な毎日を語るブログです。

ブラック・スワン食糧保障なら、国家デフォルトによる食糧危機に「月に1kgの豚肉」を10か月保証してくれる

画像元:ブラック・スワン食糧保障
 

 国家デフォルト発生時でも、月に1kgの豚肉を食べたい? 皆様、こんにちは。「ブラック・スワン食糧保障」というサービスを知った、アラフォー会社員のRan Ranです。

  

    

 日本でデフォルト(債務不履行)が起こると、その食糧自給率の低さから「肉類」の不足が予想される・・・・・・という懸念は多少大袈裟に思えるかもしれませんが、先のことなど誰にもわからないのです。

 

 

 「ブラック・スワン食糧保障」に1口加入していれば、もし国家デフォルトが原因で食糧危機が発生しても、「月に1kgの豚肉」を10か月間保証してくれるのです。

 

 

 食糧保障というか、お肉保障というか、要は保険のお肉版みたいなものですね。

 

   

 はい。本日の記事は、ブラック・スワン食糧保障」なら、国家デフォルトによる食糧危機に「月に1kgの豚肉」を保証してくれるという内容です。

 

 いざというときのお肉を確保しておきたい? 方は、どうぞ最後までご覧くださいね。 

 

スポンサーリンク

 

ブラック・スワン食糧保障」とは

 

 既述のように、「ブラックスワン食糧保障」は、国家デフォルト発生が原因で食糧危機発生時に「月に1kgの豚肉」を10か月保証してくれるサービスです。

※1口加入の場合

※豚肉ではなく鶏肉になることもある

 

 

 G.U.サプライヤーズ株式会社が運営しています。

 

 

 食糧危機は、日経新聞の商品欄にある豚肉輸入・生鮮・デンマークカラー(冷凍)価格の加重平均が3500円/kg以上になった場合に設定しているので、お肉の受け渡しを受ける権利が明確になっており安心です。

 

 

 2022年9月現在、その加入金は1口9,980円(税込)で、有効期限は1年間の掛け捨て型保証です。

※1人5口、家族で25口まで加入可能。

 

 

 掛け捨てということは、「まさかのとき」が訪れなければ、無駄金に終わるわけですが、1口9,980円(税込)で加入した場合、月々約830円で、10か月間はお肉を食べられないことはないという安心を買えるのです。

※2022年9月現在 

    

スポンサーリンク

 

ブラック・スワン食糧保障」のお勧めポイント

 

 それでは、「ブラック・スワン食糧保障」のお勧めポイントについて説明しておきます。

 

 画像元:ブラック・スワン食糧保障

 

ブラックスワン食糧保障」のお勧めポイント

1.国家デフォルトによる食糧危機発生時に、「月に1kgの豚肉」を10か月保証

※鶏肉になる場合もある

2.掛け捨てだが、毎月約830円の支払いですむ

 

  

 ・・・・・・という感じです。

 

 

 個人で食糧備蓄するのも限界がありますから、このようなサービスを利用することを真面目に考えてもよいと思うのです。

 

 

 G.U.サプライヤーズ株式会社を信じるというよりは・・・・・・いざというときに備えてみるということですね。

 

スポンサーリンク

 

ブラック・スワン食糧保障」が気になる方はこちら!!

  

 はい。ここまで、国家デフォルトによる食糧危機に「月に1kgの豚肉」を10か月間保証してくれる「ブラック・スワン食糧保障」について説明してきました。

 

 

 そろそろ、ブラック・スワン食糧保障」が気になってきたんじゃないですか?

 

   

 興味がある方は、公式HPをのぞいてみてくださいね。

 

     

 はい。こちらです。

      ↓

食糧危機が発生した際に、お肉を10ヶ月に渡って受け取れる【ブラックスワン食糧保障】

 

 以上、本日はここまでとさせていただきます。最後までご覧いただき、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。  

  

 Ran Ranは、ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 


節約・貯蓄ランキング

 

スポンサーリンク