Ran Ran(アラフォー会社員)の脱社畜計画

アラフォーリーマンのRan Ranが、脱社畜を夢見ながら、仕事に、家庭の雑務にと奮闘する赤裸々な毎日を語るブログです。

デスクやPCに自立し、長さ調節可能のスタンド付箋で仕事効率UP!!

  

 今日も仕事に追われているサラリーマン? の皆様、こんにちは。不器用な自分にいら立つ、アラフォー会社員のRan Ranです。

  

  

 

 

 ビジネスマンはもちろんですが、自分のやるべきことをメモして、いつも目に付く場所に貼っておく ことは大切なことですよね。 

 

    

 

 

 PCやデスク、棚などに、アナログ的な付箋を貼っている方も多いでしょう。結局、付箋が一番便利 なんですよね。

 

 

  

 

  はい。本日の記事は、立つ付箋!? という内容です。付箋に興味のある方は、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

 

 

スポンサーリンク

   

 

一般的な付箋って、剥がれてなくなったり、書類に埋もれたりしますよね!?

 

 

 皆さんも、付箋を使ったことがありますよね。

 

 

 

 

 私も頻繁に使用しますよ。ちょっとしたことをメモして、PCやデスクに貼っているんです。

 

 

 

 

 手帳より、目に付く付箋の方が便利なときも多々ありますよね。

 

 

 

 

 でもね。一般的な付箋って、剥がれてなくなったり、書類の下に隠れたり しませんか?

 

 

 

 

 私は何度かそんな目にあっているんです。だから、もっと 革命的な付箋 がないかなと思っていたんですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

デスクに立つ付箋、「SUTTO(スット)」がすごい!!

 

 

 そんな私の欲求を満たす商品・・・・・・今回も発見してしまいましたよ。

 

 

 

 

 最強? の付箋 をね!! その名は・・・・・・「SUTTO(スット)」です。

 

 

 

 これです!!

  ↓

  

 

 

 

 この付箋、何と・・・・・・・デスクやPCの上に 自立する んです。

 

 

 

 

 常に立っている状態の付箋 だから、嫌でも視界に入るんですね。

 

 

 

 

 だから、うっかりと忘れやすい私も、あなた も、やらなければならないことを忘れません(笑) 

  

  

スポンサーリンク

 

 

「SUTTO(スット)」を勧める、3つの理由!!

 

 

 それでは・・・・・・私が数ある付箋の中から「SUTTO(スット)」を勧める、3つの理由を示しますね!!

 

 

 

~「SUTTO(スット)」お勧め理由~ 

 

1. デスクに立つフィルム付箋!!

 

 なんとこの付箋、折りたたみ式スタンドで、付箋が自立するんです。だから、いつも目につくミニ掲示板になるんですね。

 

 

 

2. 書き心地のよさを追求したボード!!

 

 柔らかなマットがペン先をとらえ、スラスラとストレス無く書けるんです。また、ボード裏には滑り止めが付いているので、片手で書くことも可能です。

 

 

 

3. 長さ調節が可能!!

 

 ロールタイプで、等間隔にミシン目が入っているから、必要な分だけクルクルと引き出して使えるんです。自立する付箋は他にもありますが、このように長さ調節が自由にできる付箋は貴重ですよね。

 

 

 

 

 ちなみに、自立する付箋には、こんなのもありますが、やはり長さの調節はできません。カワイイですけどね。

 

   

  

   以上、3つの理由により、「SUTTO(スット)」の 自立する付箋 をお勧めてしているのです。

 

 

 

 

 多忙なビジネスマンに 仕事の効率化は不可欠 です。「SUTTO(スット)」の付箋があれば、効率が上がると思いますよ。

   

 

スポンサーリンク

 

 

 

「SUTTO(スット)」、唯一にして最大の欠点とは!?

 

 

 さて、ここまで「SUTTO(スット)」の付箋をお勧めしてきましたが、実は私1点だけ 不満 があるんです。

 

 

  

 

  それは、付箋が丸ごと立つ ということです。

 

 

 

 

 つまり、裏を返せば、何枚も付箋を立てることができない ということですね。

 

 

 

 

 自分だけで使う分には良いのですが、他人のPCやデスクなどに付箋を貼ることはできない ということです。

 

 

 

 

 自分の分がなくなってしまいますからね(笑)

 

 

 

 

 これ、どうなのかなあ。やはり、弱点ですよね。。

 

 

 

 

 以上、本日はここまでとさせていただきます。最後までご覧いただき、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。 

 

 

 

 

 Ran Ranは、ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 


節約・貯蓄ランキング

 

スポンサーリンク